TOP > ニュースリリース >  「APartMENT」が第30回ハウジングデザイン賞特別賞を受賞

「APartMENT」が第30回ハウジングデザイン賞特別賞を受賞
2017.02.13

APartMENT

当社では、大阪市住之江区北加賀屋エリアに所有している旧社宅を、複数のアーティスト、クリエイターの協力のもとリノベーションし、新しい住まいのあり方を提案する賃貸住宅「APartMENT」を2016年3月に竣工しました。

今般、大阪市の実施する顕彰事業「第30回大阪市ハウジングデザイン賞」において、「APartMENT」が「大阪市ハウジングデザイン賞特別賞」を受賞いたしました。

 

[受賞理由]※大阪市ホームページより転載
住之江区北加賀屋に立地する旧北川鉄工所社宅のリノベーション・プロジェクトである。
かつて多くの造船関連工場が立地し、賑わいをみせたこの地域は、近年、アートの街としての再生が進む。本プロジェクトは、そうした取り組みの一環であり、昭和46年建築の社宅を舞台に、アーティストと地域とをつなぐ場所づくりが目指される。
様々な分野のアーティストが、リノベーションを担当する8 ARTISTS PROJECTでは、庭園の部屋、コンセントの部屋など、部屋ごとに独自の世界観が表現され、日常と非日常が同居する不思議な空間を生み出している。toolbox PROJECTの2戸は、住人が一定の条件のもと、原状回復不要で自由にアレンジできるよう、下地の状態で貸し出される。社宅の記憶を継承しつつ、ベランダ側に再整備された通路と庭は、どこか懐かしく心地よい路地空間を思わせる。新たな住人を迎え、門柱に残された「北川鉄工所社宅」の文字が、誇らしげに輝いていた。
本プロジェクトの狙いは、アートとリノベーションの融合、住人の創造性の誘発にある。実験的な試みではあるが、住空間のオルタナティヴを提示した意義は大きい。また、街づくりの文脈において計画が練られたことも評価できる。集合住宅としての今後の成熟と展開を期待し、特別賞に選定した。

 
なお、当社ではこの受賞を受け、「APartMENT」プロジェクトの第2弾として、敷地内の別棟(南棟6戸)のリノベーションにも着手することとなりました。竣工は今年5月末を予定しています。

housingdesign2

housingdesign1

2017年2月11日に行われた表彰式の様子

PAGE TOP