TOP > 沿革

沿革

千島土地前史~現在

※太字は歴史上の出来事

18~19世紀初 芝河多仲、京都で医業を営む
多仲女婿 新六、大阪淀屋橋筋浮世小路に呉服商(百足屋)開業
1837年(天保8) 大塩平八郎の乱
新六女婿 新助、伏見町4丁目に移り、唐物商をはじめる
1852年(嘉永5) 新助女婿 又右衛門(初代、後の又平)、分家して唐小間物商を営む
1854年(嘉永7) 日米和親条約締結
1858年(安政5) 日米修好通商条約締結
1867年(慶応3) 大政奉還
1869年(明治2) 版籍奉還
1877年(明治10) 西南戦争
1878年(明治11) 千歳新田50町歩(15万坪)購入
大阪商法会議所設立・・・又平、理事となる
1879年(明治12) 加賀屋新田68町歩(20万4000坪)購入
又平、堂島米商会所の頭取に就任
1880年(明治13) 大阪商業講習所(現・大阪市立大学)創立・・・又平、草創期に寄附を行う
1884年(明治17) 西宮甲東園の土地購入
1886年(明治19) 千島新田62町歩(18万6000坪)購入
又平、唐小間物商を廃業する
1894年(明治27) 日清戦争(~1895)
1896年(明治29) 二代目又右衛門、村山龍平、外山脩造と共に大阪殖林合資会社設立
二代目又右衛門、西宮甲東園で果樹園経営をはじめる
1897年(明治30) 大縄地事件落着
1904年(明治37) 日露戦争勃発(~1905)
1911年(明治44) 西宮甲東園に芝川又右衛門邸完成(武田五一設計)
1912年(明治45) 千島土地株式会社設立(資本金15万円:西区東千島町)
大阪倶楽部株式会社(現・社団法人大阪倶楽部)設立:又四郎、発起人・株主の一人として創立に関わる
1914年(大正3) 第一次世界大戦勃発(~1918)
1918年(大正7) 米騒動
千島町の土地(3197坪)を大阪市電軌道敷地として大阪市に寄附(大正11:鶴町~小林間 市電開通)
1919年(大正8) 本店移転(西区小林町)
1920年(大正9) 新千歳町の土地(3424坪)を大阪市電軌道敷地として大阪市に寄附(昭和2:三軒家~新千歳間 市電開通)
1923年(大正12) 関東大震災
大正運河工事竣工
1926年(大正15) 宝塚ゴルフ倶楽部設立:又四郎、設立会員となる
1927年(昭和2) 芝川ビル竣工
泉尾縦貫道路の道路用地(1486坪)を大阪市に寄附
加賀屋の土地(5227坪)を軌道用地として阪堺電鉄に寄附
1928年(昭和3) 帝塚山学院へ幼稚園舎及び敷地(379坪)を寄附
1929年(昭和4) 世界大恐慌
芝川ビルで芝蘭社家政学園開校
1930年(昭和5) 上ヶ原の土地を関西学院大学へ譲渡
1931年(昭和6) 満州事変勃発
1934年(昭和9) 室戸台風
又四郎、大日本果汁株式会社(現・ニッカウヰスキー株式会社)設立に出資
1937年(昭和12) 日中戦争勃発(~1945)
1938年(昭和13) 阪神大水害
1939年(昭和14) 第二次世界大戦勃発(~1945)
1940年(昭和15) 宮崎県日向農場買入れ(1951年宮崎県庁へ売却)
1941年(昭和16) 鹿児島県枕崎茶園買入れ(1949年日東茶業へ売却)
1945年(昭和20) ポツダム宣言受諾・終戦
冷戦(~1989)
1948年(昭和23) 住吉区平林町に貯木場工事開始
1949年(昭和24) 百又株式会社設立
1950年(昭和25) 朝鮮戦争勃発(~1953)
ジェーン台風
1951年(昭和26) 日米安全保障条約成立
1952年(昭和27) 百又㈱、甲東園宅地造成工事
1960年(昭和35) 新安保条約成立
1967年(昭和42) 京町堀千島ビル(本社移転)・ドウシバビル・昭芝ビル竣工
1969年(昭和44) 西宮千島ハウス竣工
新芝川ビル竣工
1970年(昭和45) 日本万国博覧会(大阪万博)開催
1973年(昭和48) 第一次オイルショック
1974年(昭和49) 北加賀屋千島ビル竣工
1976年(昭和51) 帝塚山タワープラザ竣工
1977年(昭和52) 本社事務所移転(住之江区北加賀屋)
1979年(昭和54) 第二次オイルショック
1980年(昭和55) イラン・イラク戦勃発(~1988)
1983年(昭和58) パレ北加賀屋竣工
1985年(昭和60) パティオ北加賀屋竣工
日本貨物航空㈱向け航空機賃貸事業(レバレッジド・リース)開始
1989年(平成元) ベルリンの壁崩壊
1991年(平成3) 湾岸戦争
1995年(平成7) 阪神・淡路大震災
1996年(平成8) アプリ甲東竣工
1998年(平成10) 六甲 ウエストコート11番街竣工
ブラジルVASP航空向け航空機賃貸事業(オペレーティング・リース)開始
1999年(平成11) アプリーニョ竣工
2001年(平成13) アメリカ同時多発テロ事件(9.11)
千島ガーデンモール竣工
2002年(平成14) 株式会社シーアールイー設立
2003年(平成15) イラク戦争勃発
第3回世界水フォーラム「水のEXPO」にフローティングハウス出展
2004年(平成16) 名村造船所跡地で「NAMURA ART MEETING ’04-’34」始まる
2005年(平成17) 名村造船所跡地に「クリエイティブセンター大阪」開設
2006年(平成18) 芝川ビル、国の登録有形文化財(建造物)に指定
2007年(平成19) レンタルスペース「芝川ビル モダンテラス」運用開始
「芝川又右衛門邸」、明治村に移築・一般公開
名村造船所跡地、経済産業省より近代化産業遺産に認定
2008年(平成20) リーマンショック
2009年(平成21) 北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想 空家再生プロジェクト始動
「アヒルプロジェクト2009」実施、大阪活力グランプリ2009 特別賞を受賞
芝川ビル、大阪市HOPEゾーン事業の助成を受け、外壁レリーフを修復
2010年(平成22) 芝川ビル、大阪ビルディング協会「まちづくり貢献賞」受賞
芝川ビル、大阪市中央区の「都市景観資源」に登録
2011年(平成23) 東日本大震災
メセナアワード2011にて「メセナ大賞」受賞
一般財団法人「おおさか創造千島財団」設立
2012年(平成24) 千島土地株式会社設立100周年を迎え、100周年記念誌を発行
北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想 空地再生プロジェクト:北加賀屋クリエイティブ・ファーム事業「北加賀屋みんなのうえん」始動
2013年(平成25) 第54回全国カタログ・ポスター展にて千島土地㈱100年誌が「経済産業省商務情報政策局長賞」受賞
平林第4号東池貯木場、埋立工事完了(区画整理会社施行による土地区画整理事業)
芝川ビル、「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」に選定
2014年(平成26) 北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想:MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)にて「Open Storage 2014 ―見せる収蔵庫―」開催(主催:おおさか創造千島財団

PAGE TOP