千島土地株式会社を設立した芝川家は、江戸時代から続く大阪の商家で、かつては貿易業を営んでいました。 ところが、明治初期に繁栄を極めていた貿易業を潔くたたみ、未だ資産価値が確立していなかった土地に資産を集約します。 当社は、この芝川家の所有地を引き継ぎ、明治45年に株式会社として設立されました。

設立後、当社は所有地の賃貸を事業の主軸としてきましたが、 1980年代半ばからは航空機リース事業、2016年からは海外不動産の賃貸事業といったグローバルなビジネスに取り組むなど、時代の要請に合わせて事業の幅を広げてきました。 しかし、当社が取り組む全ての事業は、「所有資産をお客様のニーズに合わせてお貸しする」という点で共通しており、現在も不動産事業で長年培った経験を生かしながら各事業に取り組んでいます。

また当社は設立以来、地域の発展を考慮した土地活用を行うことが不動産所有会社としての責務であると考え、数々の地域貢献活動に携わってきました。 その歴史を踏まえ、2008年には地域創生・社会貢献事業部を、2011年にはおおさか創造千島財団を設立し、混迷の時代に求められる地域発展への貢献のあり方を様々に模索しています。

当社はこれからも、航空機リース事業や海外不動産事業によってグローバルな流れに対応しつつ、様々な創造活動やまちづくり活動を通して地域の活性化と所有不動産の価値向上に努め、 100年を超える歴史をともに歩んできた地域と共に発展繁栄することに力を注いでいきたいと考えています。

千島土地株式会社
代表取締役社長

芝川 能一

YOSHIKAZU SHIBAKAWA

撮影:池田晶紀(ゆかい)